終わりなき暴動 – フランスの終焉!? –

社会
パリ五輪に不安「フランス暴動」発生1週間も止まない深層、きっかけは警察官によるアルジェリア系少年の射殺(東洋経済オンライン) - Yahoo!ニュース
パリ西郊外ナンテールで6月27日、交通検問中に警察官に従うことを拒否した17歳のアルジェリア系の少年が警察官によって殺害されて以来、フランス全土で暴動が勃発して7日以上が経つ。  暴動参加者は被

7/1からフランス各地にて暴動が勃発。

アルジェリア系の少年(17歳)が警官に撃たれて死亡したことが今回の暴動のキッカケだとか。

背景には移民問題

フランス暴動、なぜ広がった? 「声なき者の暴動」背景にあるものは:朝日新聞デジタル
フランスでは先月から、警官による17歳の少年の射殺事件をきっかけに暴動が始まり、3千人を超える逮捕者が出ています。どんな人が暴動に参加し、なぜ全土に広がったのでしょうか。パリ郊外で10年以上にわたり…

事件の背景には移民問題が絡んでいるそうです。

17歳少年が警官に射殺された事件が起きたのは、パリ郊外にあるナンテ―ルという都市。
その都市には移民労働者が多く住んでおり、都市の平均収入はフランス国内において低いそうです。

元々あった地域ごとの格差、貧困による生活苦…
それらによるフラストレーションが貧困層(主に移民)の間では蓄積しており、
警官による少年の射殺事件が暴動の引き金になったと考えられますね。

先にも述べましたが犠牲となった少年はアルジェリア系。
アルジェリアは北アフリカに位置する国。
その国においては19世紀に植民地としてフランスに支配されていた歴史があります。

「フランス語は戦利品」という植民地だったアルジェリアの柔軟さ - Meiji.net(メイジネット)明治大学
130年間、フランスの植民地下にあったアルジェリア  北アフリカに位置し地中海に面しているアルジェリアは、古くから、ヨーロッパや中東とも関係が深い地域です。  古代より、ベルベル人と言われる人たちが住

移民の人達からしてみれば今回の暴動は復讐なのでしょうか?

確かに歴史を紐解けば欧米列強という、欧米諸国がアジア・アフリカにある有色人種の国家を植民地してきた史実があります。
教育の機会すら奪い、植民地化した国の人々を奴隷として働かせ続けてきた…
深く調べればえげつない事実が見つかるでしょう。

とはいえ今回の暴動みたいな事件があってはなりません。
いくら欧米人に奴隷扱いされた恨みの歴史があるとはいえ、
今を生きるフランス人は直接関係ない筈。
テロで罪なき人達が犠牲になるのはあまりにも不条理且つ残酷です。

今回の暴動とは別の話ですが、移民の中には「国を乗っ取ってやろう」という輩もいますね。
特にイスラム系は恐ろしすぎます…。
中には穏健派もいるとはいえ、他所の国を乗っ取るのは当然のスタンスらしいですし。

人権派にとって移民受け入れは人助けのつもりなのでしょうけれど、
自国民(特に女性・子供)を生命の危機に晒してしまったら元も子もないですよ。

日本も他人事ではない!?

楽待

埼玉県では移住してくるクルド人が増加しているとか。
移民であれ日本の郷に従い、モラルを順守して生活するのであれば歓迎です。

〝フランス暴動〟は「対岸の火事」ではない!深刻な埼玉・川口市のクルド人問題 大メディアに都合の悪い?「トルコ国籍」報道のワケ(夕刊フジ) - Yahoo!ニュース
【有本香の以読制毒】 先月来、フランスで警官による少年射殺事件をめぐる暴動が続いてきたことはご承知のとおり。市街地で火の手が上がり、黒装束の暴徒らが暴れる―。信じがたい映像が日本のネットにもたくさ

しかし物騒な事件を起こす輩がいるのも事実。
こうした事例ってTVでは殆ど取り上げられていない気がします。

狙われたスウェーデンの白い肉 / 移民による強姦の増加 : 無敵の太陽
北欧女性は淫売の娼婦  世界を見回しても、スウェーデンは南アフリカに次いで二番目に強姦犠牲者が多い国となってしまった。10万人当たり53.2人が強姦されていて、米国の被害者と比べれば6倍高いことになる。統計によれば、成人女性の四人に一人がレ...

上はスウェーデンの事例(記事は2015年1月時点のもの)
あまりにも悲惨過ぎて所々飛ばし読みしてしまいました…。
とても読むのに耐えられるものではない。
それ位に残酷すぎます。

LGBTの件もそうですが、女性・子供が犠牲となった事件が海外では多く見られますね。

戦争など止むを得ない事情で母国から逃れてきた人々を救うのは大事。
しかし何でもかんでも移民として受け入れてしまい、
自国民ばかりが犠牲になるのは防がなくてはなりません。

「LGBT(主にトランスジェンダー女性)に人権を!!」
「どんどん移民を受け入れましょう」
ってな具合に自国民の安全と権利を無視してまで、
移民政策及びLGBT政策をゴリ押しする政治家及び活動家は、

日本を滅ぼすつもりか!?

って疑われても仕方ないですね。

海外の国の人達とも仲良くして、困った時は助け合う。
それは理想的だけど、現実はそうならない。
だって国ごとに歴史は異なり、文化・風習・価値観も違う。

【仲良くなれる国もあれば、相容れない国もある】

その事を念頭において、まずは自国の国民・文化・経済・社会・歴史…
それらを守ることが第一。

自国さえ救えない国が他国を救うことなんて出来る訳がないです。

メッセンジャー』オシップ・ザッキン作 東京とパリの友好を記念して寄贈された像

フランス人は生きる喜びを知っている 人生に貪欲なパリジャンに囲まれてみつけた小さな幸せ [ Ryoko Paris Guide ]

価格:1,760円
(2023/7/16 19:25時点)
感想(2件)

フランス人は10着しか服を持たない パリで学んだ“暮らしの質”を高める秘訣パリで学んだ“暮らしの (だいわ文庫) [ ジェニファー・L・スコット ]

価格:880円
(2023/7/16 19:31時点)
感想(10件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました